FAQ

よくある質問

カメリア社会保険労務士事務所に多く寄せられるご質問をまとめています。

カメリア
社会保険労務士事務所よくある質問

お問い合わせ・ご相談について

Q

障害年金が受給できる可能性があるかを判断していただくことはできますか?

初診日の情報と今の病気やケガの障害の程度をお聞きし、専門の社会保険労務士が障害年金を受給できる可能性があるかどうかを判断いたします。なお、障害年金は業務を進めてみて初めて判明する事実もあるため、最初の見通しと変わってくる場合もあります。

Q

担当する社会保険労務士によって受給できる等級や年金額は変わりますか?

社会保険労務士は実績や経験値や得意分野が様々ですので、仮に同じような案件を担当しても「受給可否」「障害年金の等級」「遡及できるかどうか」や結果が変わることが多々あります。どんなに困難な案件でも1%の可能性に賭けて結果を出せる社会保険労務士を見極めることが重要です。

Q

住んでいる場所によって手続方法は違いますか?

障害年金の手続きはお住まいの地域により違いは全くありません。遠方から当事務所に手続きの依頼をご希望の場合でもメールや電話や郵送で業務は完結できます。

Q

相談時に持っていくべきものはありますか?

面談にお越しいただく際には、以下をお持ちください。
・年金手帳
・認印
・診察券やおくすり手帳
・発症から現在までの病歴を簡単にまとめたメモ
・その他障害に関わる書類等(障害者手帳等)

Q

申請手続きの代行を依頼するメリットは何ですか?

障害年金は病気やケガの状態や日常生活と労働の支障を診断書に正しく詳細に反映させることが最も重要です。普段の診察では主治医に正しく情報を伝えられていないことが多く、社会保険労務士が代行をすることにより主治医との連携がスムーズになります。
また、当事務所ではその方が受給するべく等級をめざし、決して軽い等級で認定されることがないよう最善を尽くしています。
さらに、ご自身で準備するよりも圧倒的に早く提出できますので、その分多くの年金をもらうことができます。また、更新(障害状態確認届)の際も安心です。

Q

面談はどこで行うのですか?

関東の方であれば、当事務所の面談ルームにお越しいただいております。遠方の方であれば、面談せず業務をすることもあります。

Q

申請手続きの代行を依頼することで周りに病気を知られることはありませんか?

社会保険労務士には守秘義務があります。(社会保険労務士法第21条)そのため、電話やメールのご相談から代行業務に至るまで一切の情報が第三者に漏れることはありません。
また、障害年金を受給した後も、勤務している会社が障害年金を受給している事実を知ることはありません。

Q

どれくらいの実績がありますか?

当事務所は、これまでに2,000件を超える相談実績があります。
障害年金専門の社会保険労務士事務所ですので、障害年金の知識と受給実績は全国トップクラスです

Q

営業日・営業時間はいつですか?

平日11時~17時です。ご希望であれば、休日や時間外のご相談も受け付けております。

Q

自分自身で障害年金の手続きを行うことはできますか?

初診日の証明に問題がない場合で、かつ、上下肢の離断や失明のように障害の程度がはっきりしている場合であれば、時間と労力はかかりますがご自身で手続きを行っても受給できるケースはあります。
しかし、うつ病や発達障害等の精神疾患や脳梗塞やがんのような内部疾患の場合には、低い等級で認定されたり、不支給という結果にもなり兼ねません。
また、初診日の病院でカルテが破棄されているような場合には初診日が認められず却下(門前払い)という決定になる場合があります。

Q

体調が悪いため面談に行くことができません。面談をしないで依頼をすることはできますか?

体調が悪かったり障害の程度が重く面談にお越しいただけない場合には、面談をせずに障害年金サポートをすることは可能です。通常面談でさせていただくヒアリングやご契約の締結については、郵送・メール・電話等で行います。

カメリア
社会保険労務士事務所よくある質問

ご契約・お支払いについて

Q

契約にあたりどのように料金を支払うのですか?

ご契約の際に着手金をお支払いいただきます。障害年金が無事に受給できた場合には、年金が振り込まれた後に報酬をお支払いいただきますが、万が一受給できなかった場合には報酬はいただきません。

Q

手続きを行うにあたり着手金はかかりますか?

着手金はかかりますが、他に事務手数料のような名目で別途お支払いいただくものはございません。(病院同行の日当は除く)
当事務所では、着手金は依頼者と社会保険労務士お互いの意思確認という意味合いと考えております。

Q

手続きの中で自分自身が行うべきものはありますか?

障害年金を受給できるように社会保険労務士が緻密な計画を立てて進めていきますが、その都度ご協力いただくことはあります。難しいことをお願いすることはありませんので、安心してお任せいただきたいです。

Q

診断書の料金はいくらですか?

医療機関によって異なりますが、一般的には5,000円~10,000円ということが多いです。詳しくは、医療機関にお問い合わせください。

Q

診断書を開封して中身を確認しても良いですか?

必ず開封し、中身を確認してください。

Q

着手金が無料の事務所と着手金の支払いがある事務所がありますが、何が違うのですか。できれば着手金は無料のほうがありがたいです。

確かに着手金が無料の社労士事務所は増えております。経済的な負担を考えると着手金無料だと依頼しやすいかと思います。しかし着手金が無料の場合には社労士側も簡単に依頼を受けやすいため、社労士に依頼したにも関わらず難しい案件は放置されたという声もよく聞きます。
「タダより高いものはない」というように、それなりの結果を求める場合は着手金の支払いがある事務所をおすすめいたします。

Q

契約後に途中で解約する場合はどうなりますか?

お客様が1日でも早く障害年金を受給できるように、契約後はすぐに書類作成や調査の業務に入りますので、契約の途中で解約される場合にはそれまでに行った業務に対する報酬として解約報酬をお支払いいただいております。

カメリア
社会保険労務士事務所よくある質問

申請手続きについて

Q

障害認定日に遡って遡及請求できる場合とできない場合はどうやって判断するのですか。

障害認定日に障害年金で定める基準(障害認定基準)に障害の程度が該当しているかどうかを判断します。障害の程度が該当していて、かつ障害認定日から3か月以内のカルテが存在していれば障害認定日に遡って請求することを検討します。障害や病気の特性によっては障害認定日のカルテがなくとも障害認定日請求が認められる場合がありますが、それはあくまでもレアケースです。

Q

障害年金請求の代理と代行の違いは何ですか?

代行とは、単なる使者にすぎません。本人に代わり意思表示することはできないいわば「お使い」です。
代理とは法律用語であり、代理は代理人がした意思表示または第三者が代理人にした意思表示の効果が本人に直接効力を生じます。すなわち本人が委任した代理権の範囲において代理人が意思表示を行う権限があるということです。
障害年金請求において社会保険労務士の立場は代理となります。

Q

手続きに必要な書類はどのように取り揃えれば良いですか?

障害年金の手続きに必要な書類は当事務所が全て用意いたします。住民票や戸籍謄本の取得はお願いしております。

Q

古いカルテが破棄されて初診日が証明できない場合はどうすれば良いですか?

カルテが既に破棄されて受診状況等証明書が取得できない場合でも、社会保険労務士はあらゆる手段や方法を考えながら初診日を証明し、障害年金の受給権を勝ち取っております。諦めずまずはご相談ください。

Q

障害認定日に通院していた病院のカルテが破棄されていました。障害認定日に遡って障害年金をもらえますか?

診断書はカルテに基づいて記載することになっておりますので、障害認定日の診断書が取得できなければ遡及請求は困難を極めます。しかし、その病気や障害の特性によっては障害認定日のカルテがなくとも5年間の遡及が認定されたケースは当事務所で実績があります。

Q

障害年金の支給決定はいつ頃わかりますか?

申請完了後、約3か月半ほどで決定通知書がご自宅に届きますが、案件によって変わる場合があります。

Q

障害年金はどのように振り込まれますか?

支給決定後、1~2か月後に障害年金請求書に記載した銀行口座に振り込まれます。

Q

障害年金はいつまで受給し続けられるのですか?

障害年金は永久認定以外のほとんどの方が1~5年毎に診断書を提出し、審査を経て障害の状態が障害認定基準に該当する程度と認定されれば受給し続けることができます。しかし、頻繁に障害認定基準の改正もあるため、注意が必要です。

Q

更新手続きも代行いただけますか?

更新手続き(障害状態確認届)のサポートは、基本的には最初の申請を当事務所で行った方のみになります。当事務所では「かかりつけ社労士」としての関係を大切にしているからです。どうしても当事務所に依頼をご希望であれば、余裕を持ってご相談ください。

Q

病気の症状が以前よりも重くなった場合に等級を上げることはできますか?

額改定請求ができます。
65歳以降は、2級に一度もなったことがない3級の方は等級を上げることができません。

Q

病気の症状が以前よりも軽くなった場合は、どうなりますか?

障害認定基準の障害の程度に該当しなくなった場合には、障害不該当届を提出します。

Q

就職したら障害年金は受給できなくなりますか?

就職すると障害年金は受給できないという規定はありませんが、就労できることにより障害の程度が良くなったと判断されて支給停止や級落ちすることはあります。

Q

生活保護を受けていますが障害年金も受給できますか?

制度としては、まずは障害年金が受給できるのであれば障害年金を受給し、差額を生活保護費として受給するということになります。

Q

配偶者の扶養に入っている場合でも障害年金を受給できますか?

障害年金を受給することはできますが、配偶者の前年の収入が850万円未満または所得が655万5千円未満でない場合には加給年金額はつきません。

Q

障害者手帳を持っていませんが、障害年金を受給できますか?

障害者手帳を持っていないと障害年金は受給できないと思われている方が多いですが、障害者手帳と障害年金は全く異なる制度であり、基準も等級も同じではありませんので、障害者手帳の有無に関わらず障害年金の基準に該当すれば受給できます。

Q

20歳前に初診日がある障害でも障害年金は受給できますか?

20歳前に初診日がある障害の場合には、保険料納付要件は問われませんので20歳前傷病の障害基礎年金を請求することができます。また、知的障害は初診日の受診状況等証明書も不要です。
(20歳前でも初診日に厚生年金の被保険者の場合には障害厚生年金になります)

Q

国民年金の保険料を払っていなかった時期がある場合、障害年金を受給できますか?

年金保険料の未納期間があっても、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に未納がない場合や20歳以降に3分の1以上未納がない場合であれば障害年金を受給できます。

Q

障害認定日から5年以上経っているのですが、遡及はできますか?

障害認定日に通院していた病院にカルテがあり、当時の障害の状態を適切に表した診断書が取得できれば、障害認定日に遡って障害年金を受給することは可能です。ただし、時効がありますので最大で5年分になります。
障害認定日のカルテがあったとしても、カルテの記載内容が乏しかったり、当時の主治医がいない場合等は難しくなりますが、社会保険労務士であれば遡及できる確率は格段に上がります。

Q

障害年金の他に利用できる制度はありますか?

・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の取得
・医療費の自己負担を軽減する自立支援医療制度
・指定難病患者への医療費助成制度
・介護保険制度 等の制度があります。

Q

障害年金の申請(請求)は65歳以降はできないのでしょうか。できる場合はどのような場合か教えてください。

法律的には65歳以降でも障害年金の請求をすることができる場合があります。65歳の誕生日の前々日までに障害認定日がある場合には、請求が65歳以降であっても障害認定日請求をすることができます。
また、65歳の誕生日の前々日までに基準障害によって2級以上に該当していれば、請求が65歳以降であっても初めて2級の請求をすることができます。
しかし、65歳になると老齢年金を受給するようになるので、65歳以降に障害年金を受給するメリットがないことが多いです。

Q

カメリア社労士の得意な障害はありますか?

障害年金を専門とする社労士は、うつ病や双極性障害のような精神障害を圧倒的に多く扱います。そしてうつ病の障害年金請求ができない障害年金社労士は一人もいないといっていいでしょう、それくらいにうつ病や双極性障害のような精神障害は「障害年金の基本中の基本」だからです。
カメリアではうつ病・双極性障害・発達障害等はほぼ全て受給できています。それ以外で得意な障害は脳梗塞や脳出血による肢体障害と高次脳機能障害です。

カメリア
社会保険労務士事務所よくある質問

障害年金制度について

Q

脳出血や脳梗塞で手足に麻痺が残ったような目で見てわかる障害の場合、社労士に依頼しなくても簡単に障害年金が受給できる気がするのですが、実際はどうなのですか?

確かに精神の障害や内部疾患の障害に比べて、脳出血や脳梗塞の後遺症は見てわかる障害です。しかし麻痺の程度によって全く歩けないのか、杖があれば歩けるのか、筋力は低下しているのか、硬直して動かないのか等、後遺症は人それぞれ異なります。また、肢体の障害は日常生活動作(ADL)をしっかりと審査されますので、正しく診断書を作成してもらえず障害年金がもらえないという方も多く見受けられます。

Q

傷病手当金と障害年金の違いは何ですか?

傷病手当金は、会社員等で健康保険に加入している方が業務外の病気やケガで仕事ができない期間に受給するもので、最長1年6か月支給されます。障害年金のように障害認定基準や等級もありません。
また、障害年金は業務上の障害も対象となります。

Q

障害年金の事後重症請求とはどのような請求方法ですか?

初診日から1年6か月経過後の障害認定日には障害の程度が軽く、障害等級に該当しなかった方が、その後65歳の誕生日の2日前までに障害が悪化し、障害等級に該当する状態になった場合にする請求方法です。
障害認定日には障害等級に該当していたが、障害年金制度を知らなかった等の理由により障害認定日の診断書が取得できない場合にも、やむなく事後重症請求をすることになります。

Q

障害年金の社会的治癒とは何ですか?

社会的治癒とは、社会保険上の独特な考え方であり、障害年金を請求する方の利益を守るための法理です。医学的には治癒とはいえなくとも、就労等の社会生活が長期間問題なくできていたら治癒とみなすというものです。
初診日を自由に操作して不正請求に使うものではありませんので、社会的治癒を主張する場合にはしっかりとした根拠や証拠書類が必要です。

Q

障害年金の審査請求や再審査請求とは何ですか?

障害年金の申請(本来は障害年金の請求)をした結果、不支給の決定や思っていたよりも下の等級に認定されて納得できない場合には、不服申立ての制度があります。この不服申立ては、まずは社会保険審査官に対して行い、これを審査請求と言います。審査請求の決定にも納得できない場合には、次に社会保険審査会に対して再審査請求ができます。

Q

障害年金受給後の障害状態確認届とは何ですか?

障害年金は、受給決定後は診断書を提出することなく受給できる永久認定と、1~5年ごとに診断書を提出し、その都度再認定を受ける有期認定があり、多くの方は有期認定になります。
有期認定の方が提出する診断書のことを障害状態確認届と言い、障害年金の申請時に提出した診断書と似た形式です。
一般的には「障害年金の更新」と呼ばれているものです。

Q

二十歳前傷病による障害基礎年金とは何ですか?

国民年金の加入義務のない20歳前に初診日がある病気やケガで一定の障害状態になった方は、保険料納付要件を問われることなく障害基礎年金を受給できます。
無拠出(全額が税金)なので、所得制限や国内居住要件等があります。

Q

加給年金額とは何ですか?

障害厚生年金1級および2級を受給する方で、その方により生計を維持されている65歳未満の配偶者がいる方は、障害年金に加算があり、それを配偶者加給年金額と言います。

Q

精神の障害に係る等級判定ガイドラインとは何ですか?

精神の障害に係る等級判定ガイドラインは、精神の障害の認定を公平にするために平成28年9月から始まった指標です。もともと障害基礎年金は都道府県ごとに審査をしていたため、特に精神の障害の認定にはばらつきがあり、それを是正するために作られました。
「日常生活能力の判定」7項目と「日常生活能力の程度」5項目で障害等級の目安が示されましたが、あくまでも目安であり、総合的に認定されることには変わりません。

Q

主治医によって受給できるかどうかや等級は変わりますか?

障害年金の申請で最も重要な診断書を主治医に記載していただくので、主治医に障害年金への理解や知識がない場合やその方の症状や日常生活の状況がしっかりと主治医に伝わっていない場合には、適切な診断書が取得できず、結果として不支給になったり軽い等級で認定されることはあります。
しかし社会保険労務士はこのようなことがないように主治医に診断書を依頼しています。

カメリア
社会保険労務士事務所Please

ご相談の前にお読みください
カメリアからの“お願い”

障害年金は、社労士だけでは受給することはできません。
理由は、「お客様」の障害年金を申請するためです。
お客様の情報・状態を全て把握して書類を作成し、請求する必要があります。
100人の依頼者がいれば、100通りの請求方法になります。
社労士カメリアでは、お客様と二人三脚で請求することをご理解いただける方のみ対応し、
“一番良い結果”となる障害年金の受給を目指しています。

このような方からのご依頼は
お受けすることができません

横柄な態度や言動をされる方

能力や実績ではなく報酬の安さで社労士を選ぶ方

どの社労士に依頼しても結果は同じだと思っている方

「〇級が取れるなら」や「遡及できるなら」と
条件付きで依頼を考えている方

依頼すれば自分は何もしなくていいと考える方

社労士に依頼するメリットを理解されていない方

このようなお考えの方は
カメリアにご相談ください

「一発勝負」の障害年金請求を後悔したくない方

他の事務所で断られてしまい、受給を諦めかけている方

結果にこだわりどこまでも諦めない社労士を探している方

社労士と二人三脚で最高の結果を目指そうと思っている方

受給後も更新のサポート等を長く受けたいと思っている方

社労士に依頼するメリットを理解されている方

依頼するメリット・デメリット

カメリア
社会保険労務士事務所Case

障害年金の“受給事例”

社労士カメリアには、数多くの受給事例があります。
障害年金の請求を検討されている方はご自身と同じ傷病を参考になさってください。

カメリア
社会保険労務士事務所Voice

“お客様の声”

障害者への優しさと誠意を感じて依頼し、受給できることになり感謝しています。
病名:もやもや病・高次脳機能障害
認定:障害基礎年金2級(遡及)

個人(素人)で誠実なことを申請しても認めてもらうには難しく、諦めていた時期がありましたが専門的な知恵を頂き、かつ、様々な可能性を示唆してもらい受給できることになり感謝しております。

年金事務所で無理と言われ諦めるところでしたが、障害年金を受給することができました。
病名:網膜色素変性症
認定:障害厚生年金2級(遡及)

遡及請求が認められ、本来受けるべき権利が行使され、とても満足している。
年金事務所で無理だと言われ諦めるところだったので、請求代理してよかったと思う。

仮に申請が通らなかったとしても、結果を受け入れようと思えるほど信頼していました。
病名:脳梗塞
認定:障害基礎年金1級(永久認定)

障害年金のことを全く知らない中での請求だったので、不安だらけのスタートでしたが、石塚さんとお会いしてお話していく中で、障害年金に対する不安だけでなく、障害を抱えて生きていくことに対しての疑問や不安も和らぎ、肩の力が抜けました。
手続きをする上での不安や疑問などどんなに細かいことでも丁寧に、そして親身にご対応いただき、何かあれば石塚さんに、と思える安心感がとても心強くありがたかったです。
また、女性の社労士さんということも、私にとってはご相談しやすかったです。仮に申請が通らなかったとしても、石塚さんにお願いして、それで通らなかったのだから受け入れようと思える程私は信頼していました。ありがとうございました。

何度も心が救われ持ち直すことができて、とても言いきれないほど感謝をしています。
病名:うつ病
認定:障害厚生年金3級

必要な確認事項・物・手順などの説明がいつも簡単・簡潔で、難しい話を一切されないので、物事を考える気力が持てなかった自分でも障害年金請求の手続きがみるみる進んでいくのがわかりました。
結果の通知が来るまでは不安な日々を過ごしていましたが、その間身の回りで起きたことや自分の状況、状態を石塚さんはいつも電話で聞いてくださって、忙しいのに申し訳なく思う反面、何度も心が救われ持ち直すことができて、とても言いきれないほど感謝をしています。

初診日が30年以上前でしたが、的確にアドバイス頂き、短期間で受給できました。
病名:慢性腎不全(人工透析)
認定:障害基礎年金2級(事後重症)

初診日が30年以上前にあり、初診日の証明が困難で社労士に依頼しました。
的確にアドバイス頂き、短期間で受給でき、大変助かりました。自分でやっていたら数倍の時間がかかったと思いますし、受給できたかどうかもわからないと思いました。

毎回とても優しく親切に対応をして頂き、ありがとうございました。
病名:双極性障害
認定:障害基礎年金2級(事後重症)

自分で申立書を書いては見たのですが、書き方がよくわからなかったり、どういう内容を書くと審査に通りやすいのかが判りませんでした。
しかし石塚先生に添削をお願いしたところ、私が伝えたいことを内容は生かしつつも、簡潔にわかりやすく添削をして下さり、とても助かりました。
お電話で問い合わせをした時にも、毎回とても優しく親切に対応をして頂き、ありがとうございました。
実際にお会いすることは今回なかったのですが、年金・就労のことなどをいろいろ教えて頂いたり、お話をすることができてよかったです。本当にありがとうございました。

お客様の声をもっと見る

カメリア
社会保険労務士事務所Column

障害年金“コラム”

カメリア
社会保険労務士事務所Contact

“お問い合わせ”

お電話でお問い合わせの方

カメリア社会保険労務士事務所

障害年金の請求に関するご相談

03-3545-1857

“的確な回答”ができる、お問い合わせフォーム
からのご連絡をおすすめしています。

※障害年金の受給判定・依頼に
関するご相談のみとなります。

受付時間 / 平日 11:00〜17:00

〒104-0061 東京都中央区銀座
7-13-6 サガミビル2階

メールでの受給判定・ご相談

“的確に回答”できる
お問い合わせフォームを
ご用意させていただいております。

「受給の可能性があるのか知りたい」

「他の事務所で断られてしまった」

「障害年金申請サポートを依頼したい」など

無料

3分で入力完了!
障害年金を受け取れるか
無料で受給判定できます!

>